Topimg

松戸山の会・三角点探し隊

三角点と三角測量

松戸山の会・三角点探し隊

homeBtn yamanokaiBtn BackBtn

三角点と三角測量

松戸山の会・三角点探し隊

homeBtn yamanokaiBtn BackBtn

三角点と三角測量

 三角点と三角測量 

三角点は三角測量に用いる緯度、経度、標高の基本となる点です。見晴らしの良い山頂部などに設置されていることが多く、山頂などでよく目にする石柱としてお馴染みです。

日本で初めて本格的な測量を行ったのは歴史の教科書でもお馴染みの伊能忠敬と言われています。トランシットなどまともな機器などの存在しなかった寛政12年(1800年)ころ、奥州から蝦夷地太平洋岸をはじめとし全国の海岸周辺を測量した大日本沿海輿地全図を作成したと言います。

明治時代、測量は軍事的な目的から陸軍参謀本部の陸地測量部が実施するようになり、大正14年(1925年)には全国の5万分の1の地形図が完成しました。2009年に封切りされる映画「劒岳点の記」は、明治40年(1907年)、陸地測量部の柴崎芳太郎測量手の率いる測量隊が苦闘の末、北アルプスの劒岳に命がけで測量を行った実話をもとにした新田次郎の小説を映画化したもので、往時の測量技師たちの苦労と登山技術を垣間見るものです。

現在、三角点は国土地理院が管理して、1等三角点から4等三角点まで107,073の三角点があります。1等三角点うち約半数は明治、大正時代に設置され、1等三角点の約4割は標高500m以下の低地にあると言います。

千葉県には1等三角点が26、2等三角点が98、3等三角点が436、4等三角点が377あります。千葉県内の三角点は低いところに設置されたものが多いようです。

松戸山の会の例会などが行われている松戸市内にも1等三角点があり、馬橋北小学校の校庭に設定されています。ここの標高は3.86mです。

 松戸市内の三角点
点名 等級 緯度 経度 標高 状態
馬橋 1 35°49′19 139°54′41 3.86
紙敷 2 35°46′04 139°56′49 23.85
貝台 3 35°46′45 139°54′53 61.71
串崎 3 亡失
本郷 3 35°47′32 139°55′00 29.37
日暮 3 亡失
二十世紀が丘 4 35°46′03 139°54′01 37.09

1等三角点は柱石の約3/4が地中に埋設されています。地表に出ている部分は1辺が18cmの花崗岩で、重さは90kgほどあると言います。上面には十字、側面には1等三角点などの文字が刻まれ、文字が刻まれた面が南を向くように設置されています。

明治、大正時代には人夫が石を背負い山頂まで運んだと言います。往時の測量は大変だったことが想像できます。

 全国の三角点の数 ≪平成20年3月31日現在≫
  点の数 設置間隔 辺の大きさ
1等 972点
(補点650点)
45km
(補点は25km)
18cm角
2等 5,052点 8km 15cm角
3等 32,423点 4km 15cm角
4等 68,616点 2km 12cm角

参考資料:国土地理院ホームページ

 三角点Topへ